いちご鼻を治す方法の完全版

いちご鼻のためには朝晩の洗顔が大切

いちご鼻の方も、そうでない方も、朝と晩の1日2回洗顔をされている方が多いと思います。

 

しかし、その洗い方がいちご鼻と、そうでない方で異なります。

 

いちご鼻の場合、朝の洗顔も石鹸を使う

多くの方は、朝の洗顔に石鹸をつかわずに、ぬるま湯や水のみで洗顔するという方法が一般的だと思われます。

 

しかし、いちご鼻に対する洗顔は、朝も石鹸を使って洗うようにしましょう。

 

多くの美容家や専門家たちは、朝は石鹸を使わずに、ぬるま湯で軽くすすぐ程度で十分と言っています。
本当に、それでいちご鼻に対する洗顔も問題ないのでしょうか?

 

この、多くの美容家や専門家たちは、普通の肌の方のケアを指しています。
いちご肌に対するケアについてではありません。

 

ですから、いちご肌の方の洗顔方法は、これでは改善されないというわけなのです。

 

さて、いちご鼻になるということは、過剰な皮脂分泌によって起こるので、ぬるま湯ですすぐくらいでは、皮脂は落ちません。
毛穴の中に皮脂がこびりついており、ぬるま湯だけでは落とすことができず、角栓づまり、酸化とダメージを与えてしまうことになります。

 

いちご鼻の方は、朝の洗顔も石鹸や洗顔料を使って、しっかりと洗顔をするようにしてください。
また、37〜38度のぬるま湯を使うと良いでしょう。

 

洗顔前の工夫

いちご鼻の方は、朝の洗顔も石鹸や洗顔料を使うことをお勧めし、更に洗顔の前にひと工夫されると更に良いことを紹介します。

 

洗顔をする前に、ティッシュで皮脂をおさえてください。
その後、洗顔をしていきますが、まず一度ぬるま湯で洗顔をします。

 

顔(鼻)の表面についている汚れを、ぬるま湯で簡単に落とします。
ここで、タオルを使い軽く水気を取りますが、ゴシゴシこすることはせず、タオルを押し当てて吸い取るようにします。

 

ここから、石鹸を使って洗っていきます。

 

石鹸や洗顔フォームをしっかり泡立てて、優しく泡で洗います。
決して強くこすらないようにします。

 

すすぎも大切

予め皮脂をティッシュで押さえ、しっかり泡立てて優しく洗い、最後すすぎも大切なポイントです。

 

強くこすらず優しく、ぬるま湯で洗い流します。
ぬるま湯で、こするのではなく、肌に染み込ませるようなイメージですすぎましょう。

 

すすぎ残しはよくありませんが、すすぎ過ぎることもよくありません。
肌が乾燥してしまうからです。
何事も程々が大切です。

 

すすぎが終わったら、タオルを使って水気をとります。

 

夜の洗顔にはオリーブオイルを

続いて夜の洗顔についてです。

 

いちご鼻の原因にもなる角栓や黒ずみには、オリーブオイルで優しくマッサージをすると効果的です。
マッサージをするということは、肌を擦るという行為になると思い、躊躇されるかもしれません。
しかも、オリーブオイルでマッサージをすると、翌日には黒ずみや角栓が目立たない気がするものの、2日目以降になると、それまでよりも悪化しているような様子という口コミを見掛けますが、これは1日しか行っていないからです。
オリーブオイルでマッサージを毎日根気よく続けることで、見違えるほどキレイな肌になれる期待が持てます。

 

オリーブオイルでのマッサージ法

オリーブオイルを鼻全体に馴染ませ、1〜2分待ち、汚れを浮かせます。
更に、もう一度オイルを手に取り、マッサージをします。
マッサージの仕方ですが、上から下にかけて行うことがポイントです。
強くこすらず、滑りが悪い場合は、オイルを足しましょう。
この時、舌から上にマッサージをすると、固くなった角栓が毛穴を傷つけてしまうことがあります。
優しくマッサージをして取れない角栓は、その日は無理せず翌日以降にだんだんと取れるようになるので、焦らず毎日続けていきましょう。

 

どうしても角栓を取ろうとして長い時間マッサージをすると、乾燥を招いてしまい逆効果です。
気を付けてください。

 

その後は、朝の洗顔と同様に石鹸や洗顔フォームを使って洗います。
洗顔方法は、朝の手順と同じです。

 

朝晩、優しくしっかり洗顔することを根気よく続けて、いちご鼻を解消しましょう。