いちご鼻を治す方法の完全版

いちご鼻のためには朝晩の洗顔が大切

毎日2回きちんと顔を洗っている。
いちご鼻の方では、間違った洗顔知識だと知っていますか?

 

いちご鼻で悩んでいる方も、そうでない方も、朝と晩の1日2回洗顔をされている方が大多数というデータがあります。

 

しかし、その洗い方 間違っています。。。

 

いちご鼻とそうでない方ではおすすめの洗顔方法は異なります。

 

いちご鼻の場合、朝の洗顔も石鹸を使う

朝の洗顔は、水またはぬるま湯が大多数

参考:リサーチパネル

 

アンケートを取ったところ56.6%もの人は、朝の洗顔に石鹸を使わず、ぬるま湯や水のみで顔を洗っています。
(有効回答数 155,323件

 

次に多いのは、洗顔料を使って洗うの「29.6%」です。

 

 

しかし、いちご鼻に有効な洗顔方法は『石鹸を使って洗う方法』です。「忙しくて朝時間が取れない!」という人もできる限り、石鹸や専用の洗顔料を使用して顔を洗いましょう。

 

多くの美容家や専門家たちは、朝は石鹸を使わずに、ぬるま湯で軽くすすぐ程度で十分と言っています。
本当に、それでいちご鼻に対する洗顔も問題ないのでしょうか?

 

雑誌やテレビで登場する多くの美容家や専門家たちは、普通の肌の方のケアを指してアドバイスしています。
間違っても【いちご鼻に対するケア】への洗顔アドバイスではありません。

 

ですから、いちご肌の方の洗顔方法に、水やぬるま湯による洗顔のやり方を取り入れると改善されないというわけなのです。

 

 

さて、いちご鼻になる原因は、過剰な皮脂分泌によって起こるので、ぬるま湯ですすぐくらいでは、皮脂は落ちません。

 

鼻の毛穴の中に皮脂がこびりついており、ぬるま湯だけでは落とすことができず、角栓づまり、酸化とダメージを与えてしまうことになります。

 

 

いちご鼻の方しっかりと、朝の洗顔に石鹸や洗顔料を使って、洗顔を行ってください。
また、洗う際に37〜38度のぬるま湯を使うとなお良いでしょう。

 

>おすすめの洗顔料・石鹸をまとめました(別記事に飛びます)

 

>化粧落としと洗顔がまとめてできるおすすめのクレンジング剤(別記事に飛びます)

 

洗顔前の工夫

いちご鼻の方は、朝の洗顔も石鹸や洗顔料を使うことをお勧めし、更に洗顔の前にひと工夫されるとより効果がありますので紹介します。

 

工夫の仕方
洗顔をする前に、ティッシュで鼻や鼻周りにある皮脂をトントンと押えてください。たったこれだけ。

 

 

この一手間が意外と効果あるんですよ。

 

いちご鼻への洗顔の流れ・仕方

洗顔前の一工夫をした後、洗顔をしていきますが、まず一度ぬるま湯で洗顔をします。

 

顔(鼻)の表面についている汚れを、ぬるま湯で簡単に落とします。
ここで、タオルを使い軽く水気を取りますが、ゴシゴシこすることはせず、タオルを押し当てて吸い取るようにします。
(面倒な方、時間が無い方はぬるま湯で素洗いを1,2回行い、次の石鹸で洗う工程に進んでください)

 

ここから、石鹸を使って洗っていきます。
(どんな石鹸がいちご鼻には良いのか分からない方はこちらの『おすすめの石鹸』記事を参考にしてください。)

 

石鹸や洗顔フォームをしっかり泡立てて、モコモコにしてから優しく泡で洗います。

 

洗顔は決して強くこすったり、手で洗うやり方はしないようにしましょう。

 

またいちご鼻が気になるからと、集中的に時間をかけて洗うのもやめましょう。刺激が強く状態が悪化する可能性が高くなります。

 

水洗い・すすぎも大切

あらかじめ鼻の皮脂をティッシュで押さえ、しっかり泡立てて優しく洗い、最後のすすぎも大切なポイントです。

 

強くこすらず優しく、ぬるま湯で洗い流します。
ぬるま湯流す際も、こするのではなく、肌に染み込ませるようなイメージですすぎましょう。

 

石鹸のすすぎ残しはよくありませんが、すすぎ過ぎることも同様によくありません。
肌が乾燥してしまうからです。(しっかり洗い流したい。という方は、肌の汚れを落としつつ肌への潤いも得られる商品を利用しましょう。 → おすすめの美容成分配合石鹸
何事もほどほどが大切です。

 

 

すすぎが終わったら、タオルを使って水気をとります。
(タオルはポンポンと拭き取るやり方がおすすめです。刺激が強いコスって拭くやり方は推奨しません。)

 

夜の洗顔にはオリーブオイルを

オリーブオイルでの洗顔はいちご鼻に効果的

 

続いて夜の洗顔についてです。

 

 

いちご鼻の原因にもなる角栓や黒ずみにはオリーブオイルで優しくマッサージをすると効果的です。

 

マッサージをするということは、肌を擦るという行為になると思い、躊躇されるかもしれません。

 

しかも、「オリーブオイルでマッサージをすると、翌日には黒ずみや角栓が目立たない気がするものの、2日目以降になると、それまでよりも悪化している気がする。」という口コミを見かけますが、これは1日しか行っていないからです。

 

オリーブオイルでマッサージを毎日根気よく続けることで、見違えるほどキレイな肌になれる期待が持てます。

 

ただ、オリーブオイル洗顔よりもやはり専用に開発された市販のケア商品のほうが優れています。

 

もちろんオリーブオイルでもいちご鼻への効果は期待できますが、より安心して綺麗な肌にしたい方は市販の商品を検討しましょう。

 

> おすすめは美容成分も含まれている石鹸
(『おすすめの石鹸』をまとめた記事に飛びます。)

 

> 夜、化粧もしっかり落としたい方へのおすすめはクレンジングバーム
(クレンジングバームなら「高いクレンジング力」と「潤い効果」の2つの効果が得られる洗顔料になります。)

 

 

オリーブオイルでのマッサージ法

オリーブオイルでいちご鼻をマッサージする方法をまとめました。

 

  1. オリーブオイルを鼻全体に馴染ませ、1〜2分待ち、汚れを浮かせます。
  2. 更に、もう一度オイルを手に取り、マッサージをします。
  3. マッサージの仕方ですが、上から下にかけて行うことがポイントです。
  4. 強くこすらず、滑りが悪い場合は、オイルを足しましょう。
  5. この時、舌から上にマッサージをすると、固くなった角栓が毛穴を傷つけてしまうことがあります。
  6. 優しくマッサージをして取れない角栓は、その日は無理せず翌日以降にだんだんと取れるようになるので、焦らず毎日続けていきましょう。

 

どうしても角栓を取ろうとして長い時間マッサージをすると、乾燥を招いてしまい、いちご鼻には逆効果です。
気を付けてください。

 

その後は、朝の洗顔と同様に石鹸や洗顔フォームを使って洗います。
洗顔方法は、朝の手順と同じです。

 

朝晩、優しくしっかり洗顔することを根気よく続けて、いちご鼻を解消しましょう。

 

スグ分かる。洗顔のまとめ

 

朝の洗顔

朝の洗顔方法で気をつけるポイントは3つ。

 

  1. 洗顔前にティッシュで鼻の余分な皮脂をポンポンと拭き取る
  2. ぬるま湯を使用する
  3. 石鹸の泡を使って、泡で優しく洗う

 

夜の洗顔とケア方法

夜の洗顔方法で気をつけるポイントは3つ。

 

  1. オリーブオイルでマッサージをしてからの洗顔が効果的
  2. ぬるま湯を使用する
  3. 石鹸の泡を使って、泡で優しく洗う

 

※当然ですが、オリーブオイルよりは、専用に開発された商品のほうが効果があります。
洗う時間も短くて済みますから、使ったほうがラクですよ。

 

日中化粧をしている方は、クレンジング材と保湿の2つの効果が1つになったクレンジングバーム洗顔料がおすすめです。

 

> いちご鼻におすすめのクレンジングバーム商品はこちら
(別の記事に飛びます)

 

化粧をしていなければ、石鹸を泡立てて優しく洗うのがおすすめとなります。

 

>いちご鼻におすすめの石鹸はこちら
(別の記事に飛びます)